建設業許可の種類は12種類|愛知県の建設業許可申請ならTSパートナー行政書士事務所

建設業許可の種類は12種類

建設業許可の種類は大きくわけて12種類に分かれます。
どの許可に該当するのか、確認してみてください。
建設業許可の種類は12種

 

まずは、(イ)知事許可か大臣許可なのか?以下で確認いただけます。

知事許可か大臣許可か?

建設業許可は、都道府県知事または国土交通大臣のどちらかが行います。
この区分は工事の請負金額、業種の別に関わらず、営業所の所在地によります。

 

知事許可か大臣許可か

※「営業所」とは、本店、支店、常時建設工事の請負契約を締結する事務所のことをいいます。
 また、次の要件を揃えているものをいいます。

 

  1. 請負契約の見積り、入札、契約締結などの実態的な業務を行っていること。
  2. 電話、机、各種事務台帳などを揃え、居住部分などとは明確に区分された事務室が設けられていること。
  3. 上記1.に関する権限を付与された者が常勤していること。
  4. 技術者が常勤していること。

注)登記上の本店、事務連絡所、工事事務所、作業所などはこの営業所に該当しませんのでご注意
  ください。

>>(参考)建設業許可の区分と有効期間

 

さらに(ロ)一般建設業許可なのか特定建設業許可なのか?以下で確認いただけます。

一般建設業許可 か 特定建設業許可か?

建設業許可は、その業種によって一般建設業と特定建設業の2つに区分されます。
同一業種については一般と特定の両方の許可を受けることはできず、どちらか一方の許可を受けることになります。

 

建設業一般許可か特定許可か

建設業許可申請についてお困りではありませんか?

TSパートナー行政書士事務所では、愛知県での建設業許可申請手続きに関して、お電話にて代行サービスのお申込み・お問合わせを承っております。

 

建設業許可についてのご相談は、お気軽にお問合わせください。

 

ご相談までの流れ

1.ご予約
お電話もしくはメールにてお気軽にお問合せください。
電話受付:10時〜20時(日・祝除く) メールは24時間受付

建設業許可の相談の流れ

2.日時調整
休日・夜間および出張相談も可能ですので、ご希望をお申し出ください。

建設業許可の相談の流れ

3.ご相談
直接、行政書士が無料でご相談を承ります。ご不明点は遠慮なくお尋ねください。

 

 

建設業許可に関する無料相談を実施中です!

出張相談にも対応!お電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。

TEL:0564-83-9544

電話受付 10:00〜20:00(日・祝 除く)

メール受付


TSパートナー行政書士事務所 〒444-0825 愛知県岡崎市福岡町字下高須41-5-103

 

トップページへ戻る

ページ上部へ戻る



トップメニュー 事務所紹介・プロフィール 報酬額・手数料 よくあるご質問 お客様の声 お問い合わせ