なぜ建設業許可が必要なのか|愛知県の建設業許可申請ならTSパートナー行政書士事務所

なぜ建設業許可が必要なのか

建設業の許可が必要な理由

 

建設業を営む場合(法人・個人を問わず)には、一定の条件を除いては、建設業許可を申請し、取得しなければなりません。

 

「建設業」と一言でいっても、住宅、道路、下水工事、学校、事務所、工場等の個人生活や社会生活の基盤となる諸施設の整備を担う重要な産業です。

 

このように、国民生活に根差した非常に重要な産業であるからこそ、「建設業法」といった法律に基づいた、“許可”が必要になってくるのです。

 

では、建設業法の目的について、もう少しご紹介したいと思います。

 

 

建設業法の目的とは

 

◎建設業法(昭和24年法律第100号。以下「法」という)より

この法律は、建設業を営む者の資質の向上、建設工事の請負契約の適正化等を図ることによって、建設工事の適正な施工を確保し、発注者を保護するとともに、建設業の健全な発達を促進し、もって公共の福祉の増進に寄与することを目的とする。(建設業法第1条)

 

つまり、その狙いとしては、次の2つです。
   ↓ ↓

1.建設業を営む者の資質の向上
2.建設工事の請負契約の適正化

 

そして、その目的としては、次の3つとなります。
   ↓ ↓

1.建設工事の適正な施工を確保
2.発注者の保護
3.建設業の健全な発達を促進

 

   ↓ ↓
結果として、「公共の福祉の増進」が期待できるのです。

 

 

次に、建設業法の目的を達成するための手段について、ご紹介したいと思います。

 

 

目的を達成する手段として

 

建設業法は、上記に掲げた2つの目的を達成する手段として、次の2つを示しています。

 

「1.建設業を営む者の資質の向上」

 

建設業の許可制度はもちろんのこと、施工技術の確保と向上を図るための技術検定制度があります。

 

 

「2.建設工事の請負契約の適正化」

 

発注者⇔請負人、元請人⇔下請人との間に交わされる請負契約をより公正かつ平等にすることによって、請負人、特に下請人の保護を図ろうとするものです。
具体的には、請負契約の原則の明示、契約書の記載事項、一括下請負の禁止等の制度があります。

 

その他には、建設工事紛争審査会の設置、建設業者の経営事項審査制度、建設業者および建設業者団体に対する指導監督の制度があります。

建設業許可申請についてお困りではありませんか?

TSパートナー行政書士事務所では、愛知県での建設業許可申請手続きに関して、お電話にて代行サービスのお申込み・お問合わせを承っております。

 

建設業許可についてのご相談は、お気軽にお問合わせください。

 

ご相談までの流れ

1.ご予約
お電話もしくはメールにてお気軽にお問合せください。
電話受付:10時〜20時(日・祝除く) メールは24時間受付

建設業許可の相談の流れ

2.日時調整
休日・夜間および出張相談も可能ですので、ご希望をお申し出ください。

建設業許可の相談の流れ

3.ご相談
直接、行政書士が無料でご相談を承ります。ご不明点は遠慮なくお尋ねください。

 

 

建設業許可に関する無料相談を実施中です!

出張相談にも対応!お電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。

TEL:0564-83-9544

電話受付 10:00〜20:00(日・祝 除く)

メール受付


TSパートナー行政書士事務所 〒444-0825 愛知県岡崎市福岡町字下高須41-5-103

 

トップページへ戻る

ページ上部へ戻る



トップメニュー 事務所紹介・プロフィール 報酬額・手数料 よくあるご質問 お客様の声 お問い合わせ